地域包括支援センターひがし

地域包括センターとは

高齢者の相談窓口

住み慣れた地域で安心した生活が継続できるように、高齢者の生活を総合的に支える為の拠点として、酒田市に10か所設置されています。
相談は無料です。ご相談いただいた内容については秘密を厳守します。

担当地域

東平田、中平田、北平田にお住いの65歳以上の方

職員体制

主任ケアマネジャー、社会福祉士、保健師等が互いに連携を取り、総合的に皆さんを支えていきます。

住所:酒田市関字向126-2
電話:0234-94-2470

地域包括センターひがしの役割

さまざまな相談ごと

  • 前より弱くなり、これ以上弱くならないようにしたい
  • どこに置いたか忘れ、探す時間が増えた
  • 一人暮らしで、お金の管理が不安になってきた
  • 虐待を受けているようだが、誰に相談したらよいか分からない
  • 介護サービスを利用してみたいが、申請の仕方が分からない
  • 杖やシルバーカーを購入したいが、何か助成制度があるか

どこに相談したらよいか分からない心配事や悩みなど、まずは「ひがし」へご相談下さい。

介護予防マネジメント

  • 要支援1、2と認定された方の介護予防プランを作成します。「できるだけ要介護状態にならない」「悪化しない」を目標に自立した生活が出来る様に支援します。
  • 「認定は受けていないが、最近足腰が弱ってきた」「健康に不安がある」など、こんな方には酒田市で実施されている「はつらつ介護予防事業」を紹介しています。

健康な状態から予防に取り組みましょう。

皆さんの権利を守ります(権利擁護)

「お金の管理が大変になってきた」「悪質な訪問販売の被害にあってしまった」こんな事はありませんか?
虐待の早期発見や防止・成年後見人制度の紹介・消費者被害などに対応します。

包括的・継続的ケアマネジメント

  • 高齢者にとって暮らしやすい地域にする為、さまざまな機関とのネットワークづくりをします。
  • 介護支援専門員の支援も行います。

地域包括支援センターひがしの活動

家族介護者の集い

家族介護者の集い

自宅で介護をしている家族を対象に、日々の苦労や悩みを一人で抱え込まず、介護者同士の悩みを共有したり、交流を図り、リフレッシュできる会を開催しています。

思い出の会

思い出の会大切な人を亡くされ、失った悲しみや介護の思い出を安心して語り合う機会があります。ご遺族同士だからこを分かり合える気持ちを話すことができます。

認知症サポーター養成講座

寸劇も交えて

寸劇も交えて

認知症について正しい知識を持ち、地域の中で認知症の人や家族を暖かく見守り、支援する認知症サポーター養成講座を開催しています。

いつまでも暮らしやすい地域へ

軽体操

軽体操

方言カルタ

方言カルタ

老人クラブや集落の会合、自治会サロンへ出前講座を行っています。地域に出向き、地域の皆様といつまでも暮らしやすい地域づくりを応援しています。

情報公開

東平田福祉会へはこちら

詳しい地図を見る

社会福祉法人東平田福祉会

〒998-0805
山形県酒田市関字向126-2

TEL 0234-94-2470(代表)
FAX 0234-94-2378

地域密着型
特別養護老人ホームあずま

〒998-0802
山形県酒田市生石字奥山155-1

TEL 0234-94-2800(代表)